日焼けとさようなら!見落としがちなポジションとは?

日焼けをしたくなくて、日傘をさしている人が多いですよね。
なのに太陽焼けてしまった!と言う方もいるのではないでしょうか。
夏場天王山になる前に、たっぷり日焼け防止する肝をご紹介します。

置きポジショニングを決めて日焼け止め塗り忘れ軽減!
例えば、胴体用の日焼け止めをタンスに、扉には髪やメーク帰路でもOKな噴流ジャンルのものをおいておく等絶対に忘れない地点にしておくことが重要です。
これで、日焼け止めは完璧ですね。

色眼鏡も重要です
UVは瞳から入ってきて日焼けが進行してしまうんですよ。
それを防いでくれるのが色眼鏡。
ただし、思い切り着けられているケバイ色眼鏡は瞳孔が大きくなってしまい、UVを取り込み易くなってしまいます。
加えて隙間が数少ないもののほうが相応しい結果正しく外見のシルエットにあったものを選ばないと無意味になってしまうかもしれません。

日傘にも寿命がある?!
日傘がUVを完全にカットしてくれるのは約2歳の日にちだけです。
それ以降はガンガン反響が減っていくので注意しましょう。
雛形も重要ではありますが裏地が白っぽいものは地面からの日射しを反射し易いので避けましょう。

いかがでしたか?このポイントを抑えて必須やけない夏場を実現しましょう。アシスラの効果と口コミサイトはこちら